創業・経営支援

借入れ一本化

2口以上の借入れがおありの方へ

このような悩みをお持ちではありませんか?

  • どうしても必要で申し込んだ、保証協会保証付きの借入れが2口以上ある
  • それぞれ条件に納得して借入れたし、毎月頑張って返済しているけれど、月々の返済額が大きく、いつも資金繰りのことばかり考えている…

借入れの一本化によって、
月々の返済負担を軽減できる場合があります。
ぜひ一度、信用保証協会までご相談ください。

借入れの一本化とは?

現在返済中の、2口以上の借入れの残高を合計して、新しい1口の借入れを行うことです。

メリット
月々の返済額を減額できます。
複数の借入れの返済期日や金額を、個別に管理する手間がなくなります。
注意点
条件に従い、新たに保証料をお支払いただきます。
借入れの一本化が行えない商品もございます。

※借入れの一本化が行えない場合も、条件変更等のご提案をさせていただきます。どうぞお気軽にお問い合わせください。

毎月43.8万円の返済にお悩みのAさんの場合

毎月43.8万円の返済にお悩みのAさんの場合

※図中の返済額は元金部分の返済額です。

3年半前に、Aさんは2000万円を借入れました。(借入れ①)
7年間、毎月元金を均等に返済することにし、月々238,000円ずつ返済しています。
その1年後、Aさんはさらに1200万円の借入れをしました。(借入れ②)
こちらは、5年間、毎月元金を均等に返済することにし、月々200,000円ずつ返済しています。
つまりAさんは、借入れ①と②を合わせて、毎月438,000円を返済しています。
借入れ①だけの時に比べると、かなり負担が大きくなりました。

けれども、Aさんは頑張って返済をします。
毎月の返済を、2年半の間きっちり続けたことで、ついに、借入れ①は残り1000万円、借入れ②は残り600万円と、どちらもおよそ半分まで返済が終わりました。しかし、まだあと2年半は同じように返済を続けなくてはなりません。
幸い、事業は安定していますが、毎月の返済のためにAさんはいつも資金繰りに頭を悩ませています。

Aさん
こういうことに悩まんで済んだら、
本業だけに集中して頑張れるんやけどなぁ……

Aさんは考え、信用保証協会に相談してみます。
信用保証協会はAさんの悩みを聞いて、このように提案しました。

信用保証スタッフ
この2本の借入れを一本化してしまいましょう!

一本化? 聞いたことはありますが、本当にAさんの悩みは解決するのでしょうか?

信用保証スタッフ
Aさん、月々いくらぐらいなら、資金繰りに負担を感じずに済むのか、
一緒に考えましょう。

Aさんは、信用保証協会に最近の決算書等を見せて、じっくりと相談しました。

相談の結果、Aさんは借入れ①と②を次のように1本にまとめて、新しい条件で返済をすることになりました。

借入れ①(残高1000万円)と
借入れ②(残高600万円)を合わせて、
1本の借入れ③(残高1600万円)とする。
Aさんは、借入れ③の元金を、7年間毎月均等に返済する。

一本化によって、Aさんの毎月の元金返済額は190,000円となりました。先月までの438,000円と比べて250,000円近く負担が減ったのです。
こうして、Aさんは追加融資を受けることなく、資金繰りを安定させることができ、本業にじっくりと取り組む心の余裕が生まれました。

※この事例はあくまでも一例です。お客様の状況に合わせてご相談させていただきますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

※借入れの一本化以外にも当協会では無料の財務診断サービスを行っています。詳しくはこちら

返済方法・条件を見直したい方はコチラ

ページの先頭へ
大阪信用保証協会
【本店】〒530-8214 大阪市北区梅田3-3-20
(明治安田生命大阪梅田ビル 4~7・9階)